Act Traders

努力の仕方 その二

 

あけましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いいたします。

 

さて、今回も努力の仕方について、正月から書いていきたいと思います。
後ろのほうにお年玉もあるのでお楽しみに。

というわけで書いていきたいと思います。

 

前回はインジを使っての努力の仕方を書いていったので、今回は使わない場合の方法を書いていきたいと思ったのですが、

 

突然になりますが、最初はインジを使うべきです!

 

なぜかというと理由は二点あります。

一点目は、数値化されたインジを根拠に取引すれば期待値が追いやすいから。
※期待値についてよくわかってなかったらさかのぼって記事を見つけてください。書いてあるので。

二点目はインジを使わない=インジが見える、という場合が多いから。

 

僕自身、インジを使わなくてもある程度取引はできます。ただそれは、使っているインジがどのような式でどこからデータを取り、その数値が大体どれくらいかがわかるからです。

そうなれば強いのですが、どうすればいいのかというと、インジの分析です。追究してください。

前回インジを使ってどのように努力すべきかを書きました。
お年玉感覚で、二枚の画像を送ります。どうぞ。

https://gyazo.com/c5dcc5037dcd7e3031dc06673a0e2eb3
https://gyazo.com/e4314ea3f60f1b575efb6069c2c87b52

 

ゴールデンクロスを例にとりました。

 

二枚の画像の違いは「レンジ明けのゴールデンクロス」「トレンド中のゴールデンクロス」です。

 

どちらが勝っているか、このような写真を集めまくってみてください。

 

詳しい解説はここではできませんが、自分で分析してみてください。

 

よくわからなかったり、確かめたいことがあったらセミナー来てください^^

繰り返しになりますが、「どんなインジでも勝てます」

そしてそれと同時に「インジは追求しないと絶対に勝てません」

よく覚えておいてください。

そのような努力ができる人たちと一緒にトレードで来ているアクトの環境は最高です。めっちゃ楽しいです毎日(笑)

ほとんどの人はしませんからね、こんなだるいこと。

 

他の人がやらないことを全力でやり切れる人が最強なんでっせ。

 

では今回はこの辺で。

今年もやり遂げましょう。